J-REC公認 不動産コンサルタントの溝口哲二の公式サイトへようこそ!

HOME > 不動産実務検定とは?

不動産実務検定(R)とは?

検定・認定事業の目的

  1. 土地活用、賃貸経営、不動産投資のプロフェッショナルを育成する。
  2. 大家業は事業・サービス業であるという基本を元に、正しい賃貸経営ノウハウの伝達と経営者意識の向上につとめる。
  3. 入居者利益向上のために、大家さん、不動産関連業者が互いに協力し合う環境を整備し不動産業界全体の発展に寄与する。
  4. 大家さんと不動産業者間の知識・ノウハウのギャップを解消し、経営環境の変化に即応できるように、分かりやすく、実践に活かせる知識を伝達していく。


ページトップへ

賃貸住宅経営の専門家として「不動産実務検定(R)」を認定する機関

  • ゼロから大家さんになる方法を学びたい・・・
  • 今ある空室を満室にして健全経営をしたい・・・
  • 土地の有効活用をはかりたい・・・
  • 社員教育、プロのコンサルタント育成に生かしたい・・・

 J-RECの不動産実務検定(R)は、全国各地の認定講座で統一カリキュラムにより、いつでも、どこでも、気軽に賃貸経営に必要な実務知識を学ぶことができる画期的な教育制度です。

 2級は主に賃貸管理運営に関する知識・技能、1級は不動産投資及び土地活用に関する知識・技能、マスター資格では不動産運用設計に関する専門的かつ実務的な知識・技能を身につけることができます。

 また、マスター合格者はJ-RECより「J-REC公認 不動産コンサルタント」の資格が与えられ、所定の審査を経ることにより認定講座を開講でき、地域のインストラクターとして活躍することができるようになります。

ページトップへ

不動産実務検定の流れ

kentei01.jpg

ページトップへ

不動産実務検定試験のポジショニング

 既存の不動産関連資格は、不動産業者の専門性を高めるための資格制度がほとんどです。賃貸経営の実務者であるオーナーのための資格制度はなく、このゾーンのスキルを求める潜在ニーズは高いと思われます。

positioning.jpg

ページトップへ

不動産実務検定(R)は収益増でなく社会貢献につながる取り組みです

 これからの賃貸経営はいかに「社会的なつながり」を意識できるかがポイントになります。今後、不動産業界の将来を予測すると、もはや個人的損得だけではなく社会全体の将来を見据えた活動が不可欠となっています。大家検定では、単に収益増を目指すだけのものではなく、このような大きな流れを捉え、学びながら自然に社会貢献につながる取り組みを行っていきます。
 たとえば、空室問題がいずれ大きな社会問題になることがわかっていれば、今後増えるであろう、高齢者や外国人、障害者入居などへの対応を積極的に研究していく必要があります。そして、不動産業者だけでなく、オーナー自身のレベルも底上げし、お互いがお互いのお客様である入居者のことを真剣に考え抜いて経営を行う。そんな社会環境をつくっていかなければなりません。
今後、経済的豊かさを手に入れた人たちが、社会貢献に目を向けるのは自然の流れになっていくことでしょう。是非、私たちと一緒に社会的意義のある活動をしていきましょう。

無料メールマガジン

無料体験講座、次回の認定講座のお知らせなど随時お送りしています。参加の機会を逃さないように今すぐご登録ください。

ご登録はこちら