J-REC公認 不動産コンサルタントの溝口哲二の公式サイトへようこそ!

HOME > プロフィール

プロフィール

1961年 名古屋生まれ。
 幼い頃の遊び場は大工棟梁であった親父の仕事現場。この頃から何となく「住まい(家)」に興味を持ち始める。高校卒業後、大工業は継がず地元の清涼飲料水メーカーに就職。
 その後上京して警備員さんから銀座クラブのボーイなど様々なアルバイト経験するが、幼少時代から気になっていた「住まい(家)」に係わりたくなり不動産業界へ転職。数社の不動産仲介会社、デベロッパーを経て、2005年に開業。
 主に大家さん予備軍から個人投資家の賃貸経営、空室対策、土地活用、相続税対策等のコンサルティングを行っています。



illust_mizo.jpg

主な資格

  • ・J-REC公認 不動産コンサルタント
  • ・J-REC公認 相続コンサルタント
  • ・宅地建物取引士
  • ・定借プランナー
  • ・既存住宅アドバイザー
  • ・住宅ローンアドバイザー

受講をご検討の方へ

 会社を設立して以来、主に売買仲介を専門にしており、中古マンションから戸建て住宅、アパート・マンション(事業用)売却のお手伝いをさせていただいております。お客様の中で先代から継承した不動産(アパート・マンション等)を相続し、どうしても納税資金を用意することができず、やむなく不動産を売却せざるを得ない方々にお会いしてきました。

 土地の権利関係(借地権等)のご相談を通して、「お部屋がなかなか埋まらない」「家賃滞納で困っている」などの悩みを抱えている大家さんがたくさんいることを目の当たりにしました。しかし、弊社は不動産売買が専門であり賃貸経営の知識に乏しく、お客様へ適切なアドバイスができなかったためパートナー企業に依頼していました。しかし、まれにお客様とパートナー企業との間で賃貸経営に関する温度差があり「何か改善できないかなあ?」 と悩んでいたところ、J-REC(一般財団法人 日本不動産コミュニティー)の不動産実務検定(通称:大家検定)」に出会いました。目からウロコでしたね、不動産実務検定の講座内容は、大家さんが必要な心得え〜賃貸管理、税金、ファイナンスに至るまで実務的であり、「この講座内容をマスターすればお客様に適切なアドバイスができる!」と感じスグ受講しました。

不動産実務検定講座は、賃貸経営について体系的に網羅され、講座内容をきっちりマスターすればベテランの大家さんと同じスキルを身につけることができます。

賃貸経営はサービス業であり、アパート・マンションへ入居する方が居なければ賃貸経営は成り立ちません。また、満室になってもそこで終わりではなく、入居者へ常に快適な空間を提供していくことが必須なのです。それを怠ってしまうと折角入居者してもらっても退去してしまい、また募集活動を行なわなければなりません。常日頃から入居者のことを考え企業努力していれば、入居者に気に入ってもらえば安定収入に繋がります。この「不動産実務検定講座」は、実践的な賃貸経営のノウハウを習得でき、オーナーと入居者が更に共存共栄できる賃貸物件を作り上げることができます。

空室対策について知りたい、金融機関から有利な融資に繋げたい、税務についてもっと知りたい等、本当に必要な知識を身につけ安定した賃貸経営に繋げましょう。

一般財団法人 日本不動産コミュニティー
J-REC公認 不動産コンサルタント
溝口 哲二

不動産実務認定講座


無料メールマガジン

無料体験講座、次回の認定講座のお知らせなど随時お送りしています。参加の機会を逃さないように今すぐご登録ください。

ご登録はこちら